放射線治療は名医に施してもらおう|失敗しない方法

がんの新しい治療法です

看護師と患者

がんの新しい治療法として、免疫療法があります。人間が本来持つ免疫を医療の力で増強して、がん細胞を排除するもので、副作用が少なく効果が長持ちするので人気があります。治療は患者から採取した免疫を培養して戻すという流れになります。即効性は少ないので他の治療法と併用することが多いです。

もっと見る

免疫力強化でがん治療

病室

樹状細胞は免疫細胞にがん細胞の情報を与える役割を果たします。この樹状細胞を人工的に培養し、体内へ注入するのが樹状細胞療法です。即効性はありませんが、副作用が少ない新しいがん治療として注目を集めています。

もっと見る

正常細胞への影響を少なく

聴診器

経験値や技術が必要

放射線治療は癌の治療方法の一つです。癌細胞に放射線を照射することで細胞を死滅させることが目的となります。しかし放射線をピンポイントで照射させることはできません。正常な細胞と密接にかかわりあった癌細胞を適切に照射させるためには、名医の熟練した技術が必要になります。放射線治療は手術中に行われることもあります。開腹状態であれば、その分照射する範囲を限定させることが可能になりますが、患者の体力の状況もあるため、多用することが出来ない治療法でもあります。名医と呼ばれる医師なら、癌細胞だけにピンポイントで放射線を照射できる技術があります。癌細胞は体の内部にあり、周辺には正常な細胞があります。針に糸を通すような小さい隙間に照射するケースもあるため、その難しさは並大抵ではないのです。名医と呼ばれる医師なら、そのような難しい治療も安全に行ってくれるでしょう。

奥が深い分野

癌細胞に適切に放射線を照射し、正常な細胞のダメージを最小限にとどめるためには、放射線の量を調整することも技術の一つです。どの程度の放射線をどのくらいの時間照射することが一番効率よく癌細胞を死滅させることができるのかも名医の経験値になります。放射線治療は外科で行うのではなく、放射線科で行います。科が異なっている事もそれなりの専門知識が必要な分野であることを意味しているのです。放射線治療は癌の転移を防止させるために使用されることもあります。転移先は血液やリンパが集まりやすい臓器であることが多く、肺や肝臓などに転移することが多くなっています。そういった器官に転移すると治療が更に難しくなるため、手術前には転移を防止するための放射線治療も行ってくれるでしょう。

慢性の腎臓病になったら

室内

慢性の腎不全の場合血液透析を行う必要が出てきます。シャントと呼ばれる血液の出入り口を作り、透析に慣れるために入院をする世田谷区の人もいます。自分の腹膜を利用して透析を行っている人もいます。この方法だと自由に行動することが可能になります。

もっと見る

Copyright © 2016 放射線治療は名医に施してもらおう|失敗しない方法 All Rights Reserved.